気になるニキビ治療のことを知る

妊婦さんのにきび治療

ニキビを綺麗になくすなら

女性が妊娠すると、ホルモンバランスがプロゲステロン優位になります。
プロゲステロンは基礎体温を上昇させ、受精卵を成長させる役割を果たします。


同時に、胎盤を発達させ、子宮筋の働きを調整し、流産のリスクを軽減する作用もあります。
このように、プロゲステロンは胎児にとって理想的な環境を生み出しますが、
妊婦にとっては良いことばかりではありません。

悩ませる
例えば、ニキビが増えるという悩みをもたらします。プロゲステロンには皮脂を増やす特徴があるため、
妊娠前はニキビに悩むことがなかった女性でも、体の至るところにニキビができることがあります。


背中ニキビはその典型例のひとつです。背中ニキビが悪化すると、痛みやかゆみが伴うことがしばしばあります。
痛みを伴うようになると衣類を着用するのも困難になりますし、場合によっては仰向けで眠れなくなることもあります。


では、背中ニキビ治療はどのように行うのでしょうか。


この点、妊婦である以上、強い成分を含む薬剤を使った背中ニキビ治療は避けなくてはなりません。
そこで、基本となるのが肌に優しく、刺激の少ない市販薬やスキンケア商品を使うこととなります。


ドラッグストアを訪問すれば、医薬品やスキンケア商品に詳しいスタッフが在籍しています。
このようなスタッフに問い合わせ、妊婦が安心して使える商品を紹介してもらいましょう。

薬局の店員
ポイントは、添加物や保存料などが含有されていない商品であり、天然由来の低刺激の殺菌成分を配合していることです。


なお、産婦人科によっては適した薬を処方してくれる場合もあります。

ドクターに相談するのも有効な手段です。


また、背中ニキビを克服するためには、肌を清潔に保つことや規則正しい生活を送ることも大切です。
肌を清潔に保てば、そもそもニキビが出来にくくなります。


同時に、皮脂の原因となる脂肪分や糖分の少ない食事を摂取することも心がけたいところです。
そして、十分な睡眠はホルモンバランスを整えます。


以上のようなポイントと適切なスキンケアを行うことで、背中ニキビは徐々に減らすことができます。


最後に、絶対してはいけないことを確認しておきましょう。


それは、背中ニキビを潰すという行為です。背中ニキビは潰すと、ニキビ跡になる可能性が高まります。
なぜなら、妊娠初期のタイミングは色素沈着が起こりやすく、残ったニキビ跡はなかなか消えないからです。