気になるニキビ治療のことを知る

副作用

ニキビ跡を消すためにレーザー治療を行うと、副作用がおこる場合もあります。
一番多いものは肌に赤みがでたり、肌が粉を吹いたようになりかさぶたができ
ざらざらした手触りになることですがこれらの症状は早い人は数日で解消します。

進める


人によって回復するまでの日数が異なるため、決まった用事がある場合などには
行わないほうがよいこともあります。


レーザーは肌に無数の穴を開けて新陳代謝を促進したり、肌の表面を
削り取ることでニキビ跡を治療するため肌に負担がかかります。


肌が弱い人などがダメージが強すぎた場合にはやけどのようになって
水ぶくれや色素沈着を起こすこともあります。


多くは一過性のもので3か月ほどで薄くなっていきますが、1年以上かかる人もいます。

保護する


ニキビ跡のレーザー治療は保険適用外のため高額な費用がかかりますが、
却って状態が悪くなり治療が必要になる場合もあるので行う際には
よく医師と相談してパッチテストを受けるなど準備が必要です。